GDPにみる『日本の生産性』

GDPにみる『日本の生産性』
 
中国に抜かれたとは言え、世界で第3位の経済力を誇るとされる日本。では、果たして、日本は本当に豊かな国なのでしょうか!?
 今回は、GDP(国民総生産)と言う指標を使って、その点について検証して行きたいと思います。



《 目 次 》
☑️ GDP世界ランキング ベスト15
☑️ 一人当たりのGDP世界ランキング
☑️ まとめ



 
では、早速、GDP(国内総生産)の世界ランキングを見てみましょう。以下の表は、IMF(国際通貨基金)が発表した2018年度の統計です。
☑️ GDP世界ランキング ベスト15
IMF統計 2018年度GDP世界ランキング
順位 GDP
1位 米国 2,225兆円
2位 中国 1,445兆円
3位 日本 537兆円
4位 ドイツ 427兆円
5位 英国 305兆円
6位 フランス 300兆円
7位 インド 293兆円
8位 イタリア 224兆円
9位 ブラジル 201兆円
10位 韓国 186兆円
11位 カナダ 185兆円
12位 ロシア 179兆円
13位 スペイン 154兆円
14位 オーストラリア 153兆円
15位 メキシコ 132兆円
 
さぁ、どうでしょう!?この表から様々な感想を持つかと思いますが、何よりもまず目につくのは、米国と中国、すげぇ!って事ですよね。
 日本は2009年までは世界第2位のGDPを誇る国だったわけですが、2010年に中国に抜かれてからのその差の開き具合は半端無いですね。残念!
 
参考までに、2009年度のGDP世界ランキングを見てみましょう。

 

IMF統計 2009年度GDP世界ランキング
順位 GDP
1位 米国 1,562兆円
2位
日本
565兆円
3位 中国 553兆円
4位 ドイツ 368兆円
5位
フランス
291兆円
6位 英国 259兆円
7位 イタリア 236兆円
8位 ブラジル 180兆円
9位
スペイン
162兆円
10位
カナダ
148兆円
11位
インド
147兆円
12位 ロシア 141兆円
13位 オーストラリア 108兆円
14位
韓国
102兆円
15位 メキシコ 97兆円
 
さぁ、如何でしょう。日本がまだGDPで世界第2位だった2009年、もはや懐かしいですね。
 
こうしてみると、10年前とトップ15の顔ぶれは変わらないんですね。ただ、順位の変動が起こっている。

そこで、次の表を見て下さい。

 

IMF統計 GDP世界ランキング 2009→2018の推移
順位
2009
GDP(2009)
GDP(2018)
GDP増減
順位
2018
1位 米国 1,562兆円 2,225兆円  ⬆️663兆円
1位
3位 中国 553兆円 1,445兆円  ⬆️892兆円
2位
2位
日本
565兆円
537兆円  ⬇️28兆円
 3位
4位 ドイツ 368兆円 427兆円  ⬆️59兆円
4位
6位 英国 259兆円 305兆円  ⬆️46兆円
5位
5位
フランス
291兆円
300兆円  ⬆️9兆円
6位
11位
インド
147兆円
293兆円   ⬆️146兆円 7位
7位 イタリア 236兆円 224兆円  ⬇️12兆円
8位
8位 ブラジル 180兆円 201兆円   ⬆️21兆円 9位
14位
韓国
102兆円
186兆円  ⬆️86兆円
10位
10位
カナダ
148兆円
185兆円  ⬆️37兆円
 11位
12位 ロシア 141兆円 179兆円  ⬆️38兆円
12位
9位
スペイン
162兆円
154兆円  ⬇️8兆円
13位
13位 オーストラリア 108兆円 153兆円  ⬆️12兆円
14位
15位 メキシコ 97兆円 132兆円   ⬆️35兆円 15位
 
さぁ、この表から何が見えて来るでしょうか!?
概して、以下の様な事が言えるのでは無いでしょうか!?
☑️ やっぱ米国凄い、そして、中国の伸びはもっと凄い!てか、この2国はやっぱ半端無い!
☑️ インドや韓国も総合力を上げて来ている
☑️ 15ヶ国中、13ヶ国は10年前よりもGDPの総数を上げ、成長の証を示している
☑️ GDPの総数が落ちている、つまり国として後退しているのは3ヶ国だけ。日本、イタリア、スペイン
☑️ 人口減少傾向を考えると、日本の将来は確実にこのまま下降線を辿って行く



☑️ 一人当たりのGDP世界ランキング
 
 さて、これまでGDPの世界ランキングの推移から見えた世界の情勢を見て来ましたが、今度は、『一人当たりのGDP』と言う視点で見て行きたいと思います。つまり、GDPを人口で割った時、一人当たりの経済数値は、各国それぞれどれくらいなのか!?と言う事です。

 これまた面白い結果が出ています。

 それでは、見て行きましょう!


IMF統計 2018年度一人当たりのGDP世界ランキング
順位 国・地域 一人当たりのGDP
人口
1位
ルクセンブルク
1,249万円
61万人
169位
2位
スイス
900万円
859万人
100位
3位
マカオ
883万円
64万人
167位
4位
ノルウェー
881万円
537万人
119位
5位
アイルランド
846万円
488万人
124位
6位
アイスランド
805万円
33万人
 180位
7位
カタール
760万円
 283万人 141位
8位
シンガポール
698万円
580万人
114位
9位 米国 679万円 3億2,906万
3位
10位
デンマーク
658万円
577万人
115位
11位 オーストラリア 610万円 2,520万 55位
18位 ドイツ 515万円  8,351万 17位
20位 カナダ 500万円 3,741万 39位
21位 フランス 464万円 6,513万
22位
22位 英国 460万円  6,753万 21位
26位 日本 424万円 1億2,686万
11位
27位 イタリア 371万円 6,055万 23位
28位 韓国 360万円 5,122万 28位
32位 スペイン 332万円 4,673万 30位
65位 ロシア 122万円 1億4,587万 9位
71位 メキシコ 105万円 1億2,757万 10位
72位 中国 103万円 14億3,378万
1位
77位 ブラジル 96万円 2億1,105万 6位
144位 インド 22万円  13億6,641万 2位
 
さぁ、如何でしょう。色々興味深い表ですね。先のテーマで取り扱ったのは、国のGDP、すなわち、国の総合力な訳ですが、今回のデータは、一人当たりのGDP、すなわち、国の生産性の高さを表している訳です。言ってしまえば、一人当たりにして、如何にして効率良くお金を生み出しているか!?と言う事を表している訳です。

 この表を見ていると、

・ルクセンブルクってどうしてそんな一人当たりのGDPが高いの!?
・1,000万円越えとか、凄過ぎ!

・上位には小国が多いけど、どうやって経済を発展させてるの!?
・700〜900万円とか、羨ましい!
・アジアナンバー1の『生産性』を誇るのは、日本でも中国でも韓国でもなく、シンガポールかぁ!
・GDPトップ15で、一人当たりのGDPランキングで10位以内に入って来るのは、唯一米国かぁ。しかも、上位では無く、9位。



 などなど、色々興味が湧いて来ますが、ここでは、先のGDP上位トップ15ヶ国を一人当たりのGDPで見た時にはどうかと言う点に特に注視して行きたいと思います。
 
我が国日本は、GDPでは世界第3位ながらも、一人当たりのGDPでみると、世界第26位にまで後退して行きます。

 すなわち、『国の生産性』と言う視点から見ると、決して上位にはいないと言う事です。

 そう言う意味では、GDP世界第2位に躍り出た中国も、一人当たりのGDPではまだ世界第72位です。


 
参考までに、10年前、2009年の一人当たりのGDP世界ランキングとの推移も見て行きましょう。
IMF統計 一人当たりのGDP世界ランキング 2009→2018
順位
2009
国・地域 一人当たりのGDP(2009)
一人当たりのGDP(2018) ⬆️⬇️
順位
2018
1位
ルクセンブルク
1,128万円
1,249万円
 ⬆️121万円 ⬆️10.7%
1位
3位
スイス
760万円
900万円
 ⬆️140万円 ⬆️18.4%
2位
20位
マカオ
428万円
883万円
⬆️455万円
⬆️106%
3位
2位
ノルウェー
862万円
881万円
 ⬆️19万円 ⬆️2%
4位
8位
アイルランド
563万円
846万円
⬆️283万円
⬆️50.2%
5位
17位
アイスランド
445万円
805万円
⬆️360万円
⬆️80.8%
 6位
5位
カタール
645万円
760万円
⬆️115万円
⬆️17.8%
7位
21位
シンガポール
420万円
698万円
⬆️278万円
⬆️66.1%
8位
11位 米国 508万円 679万円  ⬆️171万円 ⬆️33.6%
9位
6位
デンマーク
630万円
658万円
 ⬆️28万円 ⬆️4.4%
10位
13位 オーストラリア 493万円 610万円 ⬆️117万円
⬆️23.7%
11位
16位 ドイツ 457万円 515万円 ⬆️58万円
⬆️12.6%
18位
19位 カナダ 443万円 500万円 ⬆️57万円
⬆️12.8%
20位
15位 フランス 466万円 464万円 ⬇️2万円
⬇️0.004%
21位
22位 英国 417万円 460万円  ⬆️43万円 ⬆️10.3%
22位
18位 日本 443万円 424万円  ⬇️19万円 ⬇️0.042%
26位
23位 イタリア 398万円 371万円 ⬇️27万円
⬇️0.067%
27位
41位 韓国 206万円 360万円  ⬆️154万円 ⬆️74.7%
28位
25位 スペイン 350万円 332万円  ⬇️18万円 ⬇️0.051%
32位
61位 ロシア 99万円 122万円  ⬆️23万円 ⬆️23.2%
65位
69位 メキシコ 86万円 105万円  ⬆️19万円 ⬆️22%
71位
105位 中国 41万円 103万円  ⬆️62万円 ⬆️151.2%
72位
63位 ブラジル 93万円 96万円  ⬆️3万円 ⬆️3.2%
77位
153位 インド 12万円 22万円  ⬆️10万円 ⬆️83.3%
144位
 
さぁ、沢山の表や数字を並べて来ましたが、これが最後です。お疲れ様でした。

以下、これらの表を下に、最後まとめに入ります。



☑️ まとめ
☑️ 一人当たりのGDPランキングで上位国が10年前より着実に成長を遂げている中、日本は後退している
☑️ 日本はGDPでは世界第3位だが、一人当たりのGDPで見た時には26位、『生産性』は決して高く無い
☑️ 新興国の躍進、小国の生産性の高さは、今の日本には参考にならないかもしれないが、米国、ドイツ、オーストラリア、カナダ、英国等、大国でも着実に成長路線を維持している国はあるわけで、人口減少傾向にある日本は、『生産性』を高める努力をする事によって、成長性を高めて行くしかない
 
いやぁ、改めて表をみると、日本より遥かに『生産性』が高い国が沢山あることが分かります。そして、それらの国は、更に成長し続けています。これだけ多くの国が着実に成長し続けている一方で、日本は数少ない後退の道に足を踏み入れている国となってしまっています。これは、日本が健全な状態に無いことを意味しています。長時間労働、勤勉に働く国民として名高い日本人は、実は賢く効率的にお金稼ぎが出来ていない国民だったのです。

 その打開策のキーワードが、生産性です。

決して、更なる長時間労働をしようと言いたい訳ではありません。もっともっと働こうと言っている訳ではありません。今の仕事の質、内容、やり方を徹底的に検証し、無駄を排除し、不要なものを淘汰し、徹底的に生産性を高める努力をしようと言いたいのです。

 『生産性を高め、効率性を高める事によって、もっと自分自身の時間も増え、人生の豊かさも同時に手に入れる事になるでしょう。そう言う方向へ向けて、日本は突き進むべきなのです。
 







最新情報をチェックしよう!

教育・勉強の最新記事8件

>cAnAl Gonta

cAnAl Gonta

サッカー業界の事、旅の事、読書の事などをつづって行きます。ベースは、未来を生き抜く為のヒント

CTR IMG