英語を勉強する理由が分からない
 

英語を勉強する理由が分からない

英語が出来なくても、困ってないし

日本で一生暮らして行く自分には、関係ない

あなたも一度は、こう考えたことがあるのでは無いでしょうか? 当然です。特に、学校教育で義務的に習わされている中学生や高校生には、こう感じている人は多いと思います。かく言う僕も、その一人でした。必要性を感じていないものに注力するのって、難しいですよね。では、果たして、本当に英語を勉強する必要は無いのでしょうか!?

 
今から、僕が考える英語を学ぶ理由を15個挙げます。中には、良く聞くありがちなものもあれば、初めて聞く話だなと言うものもあると思います。もし、1つでも、今や将来の自分に当てはまる項目があれば、今後、あなたが英語に取り組む姿勢が、ほんのちょっぴり変わるかもしれません。ここでは、僕が考える英語を学習する様々な理由を以下に列挙します。これを読んで、少しでも英語に対する考えが変わってくれたら、嬉しいことです。



英語を勉強する15の理由
①海外旅行がより深く楽しめる
②映画やドラマを実音で楽しめる
③海外の人とコミュニケーションが取れるようになる
④外国人の彼氏彼女が欲しい、国際結婚がしたい
⑤国際的な視野の広さを持ちたい。(これまでの常識を打ち破る価値観を知る)
⑥大学受験の為に必要だから
⑦就職や、仕事に必要だから
⑧プログラミングにも役立つ
⑨何らかの分野で、世界で活躍したい
⑩インバウンドが拡大する中、外国人客を取り込む為
⑪国際社会に取り残されない為
⑫カッコイイ
⑬アジア30カ国中、下から4位
⑭日本の将来が不安な為、選択肢を広げる為 (心中はゴメンです。)
⑮今後、外国人に支えられる日が来る。彼らを受け入れる体制を



 
それでは、一つ一つもう少し詳しく解説して行きます。
①海外旅行がより深く楽しめる 
 
 これは特に説明不要の定番の理由ですね。日本人は海外旅行が好き。そして、海外に行くと必ず思う事が、“もっと喋れたら、楽しくなるのに。。。”

 やはり、旅行先で現地の人とコミュニケーションが取れたら、そりゃぁ、楽しさは増しますよね。

 世界共通言語の英語が分かれば、世界の殆どの旅先で、力を発揮してくれる事でしょう。

 また、万が一のトラブルに遭った時などにも役立ちます。

 英語が分かれば、海外旅行をより深く楽しむ事が可能になります。




②映画やドラマを実音で楽しめる 
 
字幕、読むの疲れませんか!?文字を追っかけていると、肝心の映像を見逃しがち。かと言って、吹き替えだと、何だかしっくりこない。役者達の地声で楽しみたい。日本語訳だと、微妙に分かりづらいニュアンスも、実際の英語なら伝わる事もある。理由は様々ですが、これを理由に挙げる映画ファン、ドラマファンは結構いるようです。



③海外の人とコミュニケーションが取れるようになる 
 
 ①で挙げた海外旅行でもそうですが、日本国内に旅行に来ている外国人も然り、他国の人とコミュニケーションが取れるようになると、様々な価値観に触れたり、文化に触れる事が出来、自分の視野が広がる事でしょう。
 
 時折、日本に旅行に来た外国人が、日本人は冷たいと言う印象を持つ時があるようです。それは、話しかけても、つれない態度を取られてしまうと。恐らく、助けてあげたくても、言葉が喋れないから、結果として、そう言う風に映ってしまうのでしょう。元来、日本人はホスピタリティーに溢れた国民の筈なのに、そう言う印象を持たれてしまうのはもったいない事です。

 そして、単純に、外国人の友達が出来ると楽しいですよね。




④外国人の彼氏彼女が欲しい、国際結婚がしたい 
 
一昔前に比べ、本当に増えましたね、国際カップル。茶の間でハーフタレントを見ない日は無い。と言うか、もはや、純粋な日本人は先祖を辿れば、いずれはいなくって行くのかもしれません。もう、純血なんて言っている時代ではありません。異なったDNAが混じり合い、ニュータイプが生まれて行く時代。大いに結構じゃ無いですか。その為には、やはり英語ですね。



⑤国際的な視野の広さを持ちたい。
 
当たり前の話ですが、世界は広い。そして、日本は狭い。日本の常識、当たり前だと思っていた価値観、慣習は、世界では非常識に映るなんてことも。日本は広ーい地球上の僅かな一部分に過ぎず、その外には、異なる考え方、知恵、知識、文化、環境と言った様々な世界が広がっています。
 
 時には、これまで是だと思っていた価値観が打ち破られる事もあるでしょう。そこから、何を学び取り、自分のものとするか。海外の文献を読んだり、情報を仕入れたり、外国人から聞いたりして、得た様々な刺激は、きっと、あなたを新たな世界に導いてくれる事でしょう。

 そしてまた、日本を客観視する事によって、日本の魅力を再確認する事もあるでしょう。日本は、素晴らしい面を沢山持った国だと言う事が、世界に出ると、見えて来ます。




⑥大学受験の為に必要だから
 
 立派な理由だと思いますよ。何か目標があって、それを高校や大学で勉強したいと思っていて、その為に受験を突破したいと思っているのなら。

 
 但し、日本の多くの受験生は、“特にやる事見つかってないし、何となく大学に行く為”と言うつまらない理由で大学に進学しようとする人が多い。もしくは、“取り敢えず大学出ておけば、就職に有利だ。”なんて考えが大半でしょう。

 しかし、その考え。ひょっとしたら、もうオワコンかもしれません。本当に、良い大学に行って、良い就職先に辿り着けば、幸せな人生が待っているでしょうか!?

 もっと言えば、“取り敢えず”大学に行くような学生が、良い就職先にありつけるのでしょうか!?

 もっと言えば、大学に行く事だけが全てでしょうか!?

 この話をすると、とんでもなく横道に逸れて行くので、ここまでとして置きます。




⑦就職や、仕事に必要だから
 
あなたがこの先どんな職種で働くにせよ、鎖国体制で日本人だけを相手にするような仕事は益々減って行くでしょう。また、あなたが所属する会社は、将来的に海外展開を行う事になるかもしれません。そんなご時世の中、やはり英語を使える、使えないは社内で大きな評価の格差をもたらす事でしょう。実際、多くの企業の人事評価基準に、英語力は設定されており、それが、給与や昇給にも影響してくる訳です。

 今、あなたが中学校や高校に在学している間は、英語の必要性を感じないかもしれませんが、いずれは、その必要性を痛感する時が来るかもしれません。




⑧プログラミングにも役立つ
 
AIの普及によって、現存の職業が淘汰されて行くと言われるこの時代、一方で、益々その必要性が叫ばれ、人気職種となって来ているプログラミング。当然、そこでは、英語をベースとしたアルファベットを扱う訳で、英語の知識は間違いなく役立つでしょう。



⑨何らかの分野で、世界で活躍したい
 
スポーツ、芸術、音楽、テクノロジー、企業の世界展開などなど、あなたが、もし何らかの分野で、世界に打って出て勝負しようと考えているのなら、言わずもがなですね。



⑩インバウンドが拡大する中、外国人客を取り込む為
 
近年、外国人による日本への旅行人気が高まり、いわゆるインバウンドの需要が増えています。宿泊施設、飲食店、交通関連、お土産物屋などは、彼ら外国人客を如何に取り込んで行くかが、必須命題になっていると言えるでしょう。そうです、日本にいながらにして、英語や他の言語を抑えて置く必要性は、十分にある時代です。



⑪国際社会に取り残されない為
 
かつては世界第2位のGDPを誇り、自動車や家電等のテクノロジーで世界を牽引して来た日本。しかし、いつの日か、この日の出づる国は、落日に向かってその歩みを進めてしまっているようです。日々、テクノロジーは進化し、国際社会は着実に前進しているのに対し、日本はどうしてしまったのでしょう。気がつけば、GAFAMと言われる、Google、Amazon、Facebook、Apple、Microsoftと言った米国系の企業に日本のIT産業は牛耳られ、完全に中国にも後塵を拝しています。次世代に向けた研究、開発も大きく遅れを取っている日本。

 このままでは行けません。国や政府に任せては置けません。一人一人が、世界を見据え、国際社会に取り残されないよう、日々アップデートし、進化して行く姿勢を取らなければ、今後益々、日本は世界に取り残され、相手にされなくなってしまうかもしれません。

 世界と対等以上に渡り合い、付き合って行く為には、共通言語としての英語は必須の武器です。




⑫カッコイイ
 
調査によると、シンプルにこの理由を挙げる人も多いそうですね。いいじゃないですかぁ!理由はどうあれ、英語を学ぶガソリンになっているのであれば。



⑬アジア30カ国中、下から4位
 
アジア30カ国の英語力を調査した結果、何と、日本は下から4番目、上から数えて27位と言うショッキングな結果が発表されました。これ、悔しくないですか!?これだけ先進国と称えられて来た日本が、アジアを牽引すべき立場だと言われている日本が、このような結果に甘んじている訳です。実に情けない話です。単に、この恥ずべき結果を戒める意味で、日本国民よ、英語力を上げて行こうじゃ無いですか!

 因みに、この調査の結果、アジアで最も英語力が高かったのは、シンガポール、続いてインド、3位には同率で、パキスタン、マレーシア、フィリピンがランクインしていました。




⑭日本の将来が不安な為、選択肢を広げる為 (心中はゴメンです。)
 
人口減少、経済の縮小、世界の中での存在感、立ち場の弱体化などなど、なかなか日本の将来に明るい兆しが見えない中、今後20年、30年、40年後の日本の姿を考えた時に、日本以外の居住先を選択肢として考える思考は、この先増えて来てもおかしくありません。その時のベースとなるのは、やはり英語等の多言語能力でしょう。英語が出来れば、他国に住むと言う選択肢が、十分に現実的な選択肢として、浮上して来る筈です。



⑮今後、外国人に支えられる日が来る。彼らを受け入れる体制を
 
そうした日本の人口が減り、土台が縮小して行く流れの中、国を下支えする存在として、益々日本に移住して来る外国人の存在は大きなものになって行くでしょう。

 日本人だけでやっていける時代は着実に終わりを迎え、世界と上手くやっていかなければならない傾向が益々強くなっていく中で、外国人を戦略的にしっかりと受け入れられるようにする為にも、英語の必要性は、国内でも増して行く事でしょう。






まとめ
 
 如何でしたか!? 現在の自分や、将来の自分に当てはまるケースはあったでしょうか!?どれも全く当てはまらないところにあなたの未来があるのなら、引き続き、英語を勉強する必要性はないのでしょう。しかし、実際は、全て当てはまらないと言う完全無関係の人の方が少なかったのでは無いでしょうか。

 望むと望まないにかかわらず、いずれ英語の必要性が益々高まって行く時代がやって来ます。いずれ、英語をやって置いてよかったと思える日が来るでしょう。

 世界では、バイリンガルやマルチリンガルはごくごく一般的な常識となりつつあります。むしろ、これほど英語が苦手、母国語以外何も出来ないと言う日本は、世界から見たら奇異な存在と言えるかもしれません。それでも、かつてのように、日本は世界から熱い眼差しを向けられ、向こうから日本に合わせて寄って来てくれる時代ならよかったのですが、もうこれからはそう言う訳には行きません。世界に取り残されない為に、また、世界と上手く折り合いを付けて生き抜いて行く為に、英語はその為の手段として、大きな武器となって行く事でしょう。かく言う僕は、そこまで英語が得意な訳ではありません。普通の会話や、文章のやりとりである程度出来る程度です。その程度でも、無いよりはあった方が、遥かに自分の幅を広げてくれます。

 今のあなたに取って、現時点で必要性を感じていないがゆえに、英語の勉強に身が入らないかもしれません。だけど、将来の自分には必要となるかもしれない、未来の自分自身を助ける為にも、少し頑張ってみては如何でしょうか。

 








最新情報をチェックしよう!

教育・勉強の最新記事8件

>cAnAl Gonta

cAnAl Gonta

サッカー業界の事、旅の事、読書の事などをつづって行きます。ベースは、未来を生き抜く為のヒント

CTR IMG