育成費(Training compensation)
 
サッカーにおける『育成費』とは、FIFA(国際フットボール連盟)が定める規定で、プロ選手が誕生した際、遡ってそれまでにその選手の育成に貢献して来たクラブに対して、金銭的な恩恵が提供されると言う仕組みの事です。
 
詳しく見て行きましょう

《 目 次 》
① 『育成費』の概要・定義
② 『育成報酬金額』
③ 具体的なケースをシュミレーションしてみよう
④ ローカルルールを採用する日本
⑤ まとめ



『育成費』の概要・定義

FIFAの規約上、『育成費(Training Compensation)』は以下のように定義されています。

 

❶『育成費(Training compensation)』 は、当該選手が初めてプロ契約を結んだ際(①)、更には、23歳の誕生日を迎えるシーズンまでの間に国際間移籍が行われた場合はその都度(②)、育成に携わったクラブに支払われるものとする。

❷ 『育成費』を受け取る資格のあるクラブは、上述の①のケースの場合は、12歳になるシーズンから21歳になるシーズンの10年間に育成・教育に関わったクラブ、②の場合は、その移籍の直前に所属していたクラブのみが対象となる。

❸『育成費』を支払うのは、上述の①の場合は初めてプロ契約を結んだクラブ、②の場合は移籍先のクラブ。

 
✅『育成費』の支払いは、当該フットボール協会に登録してから30日以内と義務付けられているね
 
✅ 23歳までの移籍は、「異なる協会間の移籍」と言う定義があるから、同じ国の中での移籍では、『育成費』は発生しない
 
✅ 『育成費』の規定は、女子サッカーには適用しないとなってるね



② 『育成報酬金額』

 FIFAの規約上、『育成費Training Compensation)』の金額の計算は以下のように定義されています。


『育成費(Training compensation)』 を計算するに際し、各クラブは、大陸連盟によって、各国協会によって、そして各クラブによって、それぞれ最大4つの「カテゴリー」に分類される。

FIFAは、毎年上述ののカテゴリー毎に「育成報酬金額を制定する。

受け取る資格を持つクラブの育成費は、上記❶❷によって定められた「カテゴリー」や「育成報酬金額」に基づき、また、所属した年数に応じて算出されて行く。

「育成報酬額」は、基本的に移籍先のクラブの基準値が採用される

『育成費』を受け取る資格を持つ12歳から21歳の間の10年間に関わったクラブの内、12〜15歳の4年間に関わったクラブは、「カテゴリー4」として扱われる。

 
参考までに、以下の表は2019年度のFIFAによって設定されたカテゴリー別の「育成報酬金額」です
大陸連盟 カテゴリー 1 カテゴリー2 カテゴリー3 カテゴリー4
AFC   USD 40,000 USD 10,000 USD 2,000
アジアサッカー連盟   428万円 107万円 21万円
CAF   USD 30,000 USD 10,000 USD 2,000
アフリカサッカー連盟   321万円 107万円 21万円
CONCACAF   USD 40,000 USD 10,000 USD 2,000
北中米カリブ海サッカー連盟   428万円 107万円 21万円
CONMEBOL USD 50,000 USD 30,000 USD 10,000 USD 2,000
南米サッカー連盟 535万円 321万円 107万円 21万円
OFC   USD 30,000 USD 10,000 USD 2,000
オセアニアサッカー連盟   321万円 107万円 21万円
UEFA EURO 90,000 EURO 60,000 EURO 30,000 EURO 10,000
ヨーロッパサッカー連盟 1,143万円 762万円 381万円 127万円



③ 具体的なケースをシュミレーションしてみよう
 
それでは、幾つかのケースを分かりやすく、具体的に想定する形で見て行きましょう
ケース①

12歳    浅羽FCジュニア

13〜15歳 K.Z. ヴェルメリオ JY

16〜18歳 FC川越南ユース

19歳〜   FCバルセロナ(スペイン)(初めてのプロ契約)  

   FCバルセロナ(育成報酬金額 UEFAカテゴリー1)より以下の金額が各クラブに支払われる

→ 浅羽FCジュニア     127万円 (UEFA カテゴリー4 x 1年在籍)

→ K.Z. ヴェルメリオ JY 381万円 (UEFA カテゴリー4 x 3年在籍)

→ FC川越南ユース   3,429万円 (UEFA カテゴリー1 x 3年在籍)


ケース②

12歳    東京ヴェルディジュニア       

13〜15歳 東京ヴェルディジュニアユース

16〜18歳 東京ヴェルディユース

19歳〜   レアル・サラゴサ(スペイン2部)(初のプロ契約)  

   レアル・サラゴサ(育成報酬金額 UEFAカテゴリー2)より以下の金額が東京ヴェルディ育成部に支払われる

 → 合計額      2,794万円

   東京Vジュニア     127万円 (UEFA カテゴリー4 x 1年在籍)

     東京Vジュニアユース 381万円 (UEFA カテゴリー4 x 3年在籍)

     東京Vユース    2,286万円 (UEFA カテゴリー2 x 3年在籍)


ケース③

12歳    柏レイソルジュニア             

13〜15歳 柏レイソルジュニアユース

16〜18歳 前橋育英高校サッカー部

19〜22歳 明治大学サッカー部

23歳〜   ニュルンベルク(ドイツ2部)(初のプロ契約)  

   ニュルンベルク(育成報酬金額 UEFAカテゴリー2)より以下の金額が下記クラブに支払われる

→ 柏レイソルジュニア    127万円

→ 柏レイソルジュニアユース  381万円

→ 前橋育英高校サッカー部 2,286万円

→ 明治大学サッカー部   2,286万円(21歳までの3年間が対象)      


ケース④

12歳    バオムFC川崎

13〜15歳 前橋FC ジュニアユース

16〜18歳 作陽高校サッカー部

19〜21歳   レバンテU.D. Bチーム(スペイン3部)(初のプロ契約)

22歳〜   ビジャレアル(スペイン1部)

 レバンテU.D.(育成報酬金額 UEFAカテゴリー3)より以下の金額が各クラブに支払われる

→ バオムFC川崎       127万円

→ 前橋FCジュニアユース    381万円

→ 作陽高校サッカー部   1,143万円

  一方、ビジャレアルCF(UEFA カテゴリー1)より、レバンテU.D.に対し、以下の金額が支払われる

→ レバンテU.D.   3,429万円(21歳までの3年間が対象)

   ※これはあくまでも『育成費』に限定した話で、その他、レバンテとの契約が残っている状態での移籍となった場合、更にビジャレアルよりレバンテに対し、『移籍金(契約解除金)』が支払われる可能性があります。


 
✅ ちなみに、FIFAの規約として、『育成費』が発生しないケースとして、次の3つが挙げられている。

 ・不当な契約解除等があった場合
 ・カテゴリー4への移籍
 ・アマチュア選手となった場合

 
✅ また、よくあるケースとして、3部のクラブに初めてプロ契約を結ぶ際、『育成費』を要求しない事を過去に所属したクラブに一筆書かせた上で、契約するケースもあるんだ。3部ともなると、経営状態がギリギリだから、『育成費』を捻出する余裕が無い事がその理由だよ。



④ ローカルルールを採用する日本
 
さて、これまではFIFA(国際フットボール連盟)が定めた国際ルールを見て来たけど、実は、日本は国内に限っては、自国のローカルルールを採用しているんだ。以下、それについて見てみよう
JFA(日本サッカー協会)『トレーニング費用制度』
  J1 J2 J3 JFL
大学 120万 80万 20万 20万
高校(ユース) 45万 / 90万 30万 / 60万 15万 15万
中学(ジュニアユース) 30万 15万 0 0
小学(ジュニア) 10万 5万 0 0
 
✅直前のチームに30万円 x 年度数と言う定式があるので、高校は高卒ルーキーでプロになった場合と、大学を経由した場合で、金額が変わって来るよ
 
✅ちなみにJFA(日本サッカー協会)の表は年額ではなく、”総額“なので、これを見ると、FIFAのルールと随分と違う事が分かるね。育成の評価に対する考え方の違いだね。

✅2018年度までは、日本ではジュニア(小学生)とジュニアユース(中学生)の年代を指導していたクラブには、『育成費』は対象外とされていたんだ。そう考えると、少しだけ世界に近づいたと言えるね。

 



まとめ
✅ 育成の世界には、『育成費』と言う成果報酬的に報われる制度がある
✅ 世界(FIFA)のルールと、日本国内(JFA)のルールは異なる
 
例えば、上述した『育成費』のシュミレーションのケース①のように、ヨーロッパのカテゴリー1のクラブとプロ契約を結んだ場合、3年間所属していたユースや大学は、3,429万円を手にする事が出来る一方、J1のクラブに入団する場合は120万円と決まっている為、日本の育成クラブに関わっている経営者達は、ヨーロッパに選手を送り込む事を一つの野望・夢としている事は事実でしょうね。
 
いずれにせよ、クラブ運営、指導に携わっている方達にとって、プロ選手を輩出する事、日本代表選手を輩出する事、世界で活躍する選手を見出す事は、最大の目標だと思います。

 『育成費』の仕組みは、そうした“育成”に重要性が置かれた素晴らしい制度であり、育成に関わる人たちにとって一つのモチベーションになり得ます。特に、フットボール界の”頂点”は、やはりヨーロッパにある訳で、そのトップレベルへ選手を送り出す事が出来れば、元所属クラブにとっては大いなるメリットがあり、夢があります。

 日本から、より多くの素晴らしい選手がどんどん輩出される事を願うばかりです!








 
『育成費』と合わせて抑えて置きたいのが、『連帯貢献金』の制度だよ







最新情報をチェックしよう!

海外フットボール事情の最新記事8件

>cAnAl Gonta

cAnAl Gonta

サッカー業界の事、旅の事、読書の事などをつづって行きます。ベースは、未来を生き抜く為のヒント

CTR IMG